2021最新!大阪おすすめ「豆花専門店」美味しく人気3選

大阪 豆花 おすすめ専門店3選流行グルメ

大阪内にある豆花を専門に取り扱っているお店の中から、口コミ評価も高くて「ここの豆花は美味しい!」と評判のお店をご紹介。

台湾甜商店や春水堂のような台湾系カフェでも豆花を食べれますが、この記事では全国展開しているチェーン店舗は除き、個人で営業されているお店を中心におすすめ店をまとめました。

(※商品内容や価格は執筆時点でのものです。詳細は公式サイトや公式インスタグラム等の情報も合わせて参考にしてみてください。)

 

スポンサーリンク

大阪おすすめ豆花専門店その1「南所豆花」

1

営業情報

公式サイト公式フェイスブックサイト
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/nannsyo_osaka/?hl=ja
販売している豆花の種類と値段・原味豆花 (プレーンのトッピングなし) 500円
・南所豆花(トッピング4種類チョイス) 690円
・豆乳豆花(豆乳シロップ入り トッピング4種類チョイス) 720円
・檸檬豆花(檸檬シロップとレモンジュース) 550円
営業時間・11時〜20時30分
TEL・06-7709-4887
アクセス・天神橋筋六丁目駅より徒歩6分
住所・大阪府大阪市北区本庄東2-7-13 グレース梅田東 1F

お店の特徴

オーナーさんは、台湾の台南出身。もともとは台湾で日本料理店をされていたそうですが、ワーキングホリデーで訪れていた大阪が気に入った事と、小さい頃から食べていた豆花をもっと大阪の人にも知って欲しいという思いから、本格的な豆花専門店をオープンしたとのこと。

本場台湾の豆花は、日本でよく見かける豆花よりも豆乳の味は少し薄めでシロップやトッピングでそれぞれの人が調整できるように作られているそうで、そんな本場の味に近づけるため同じ天満にある豆腐屋さんに特注した豆乳から豆花を作られています。

またこだわりのトッピングは基本全て手作り。(中には数日かけて仕込みをしているものも)カウンターにたくさん並べられたトッピングの中から、好きなものを組み合わせてチョイスできる台湾現地と同じスタイルで注文できます。

「南所豆花」の豆花を食べた感想(口コミ紹介)

スポンサーリンク

 

 

大阪おすすめ豆花専門店その2「Maruko 圓子豆花カフェ」

営業情報

公式サイトhttp://marukocafe.com/index.html
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/toufa_maruko.5588/
販売している豆花の種類と値段・人気豆花(芋圓、緑豆、あずき、白玉) 660円
・美肌豆花(はと麦、ピーナッツ、白木耳、黒豆
)660円
・薬膳豆花(龍眼、なつめ、枸杞の実、白木耳)660円
・八宝豆花(芋圓、あずき、緑豆、ピーナッツ、はと麦、白木耳、なつめ、枸杞の実、白玉) 880円
営業時間・11時〜20時
TEL・06-4256-4329
アクセス・長堀橋駅より徒歩3分
住所・大阪府大阪市中央区南船場2丁目7−6

お店の特徴

こちらも台湾出身のオーナーさんが経営しているカフェで、本格的で美味しい豆花を食べる事ができます。

豆花は定番のトッピングの組み合わせの他、「美肌」「薬膳」などのテーマ別に組み合わせた豆花があり、トッピングでどれを選んでいいか分からない!という人にとっては嬉しい最初からある程度の組み合わせを提案されているスタイル。

また、鶏肉飯などの本格的なフード系メニューも用意されていて、こちらも本格的で美味しい!と人気。ランチタイムでは+300円で豆花と料理をセットにする事もできます。

「Maruko 圓子豆花カフェ」の豆花を食べた感想(口コミ紹介)

スポンサーリンク

 

 

大阪おすすめ豆花専門店その3「台湾豆坊」

営業情報

公式サイトhttps://www.taiwan-mamebo.com/
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/taiwan_mamebo/?hl=ja
販売している豆花の種類と値段・黒糖豆花 450円
営業時間・11時〜19時 (月曜定休日)
TEL・06-4963-3877
アクセス・心斎橋駅より徒歩4分
住所・大阪市中央区南船場4-10-15 マルカビル1F

お店の特徴

こちらは「豆乳」の専門店。豆乳は6%と9%の濃度から選べるようになっていて、そのまんまのストレートの他、黒ごま、アーモンド、ソイラテ、抹茶などのフレーバー豆乳も用意。

豆花は黒糖シロップを使った「黒糖豆花」のみですが、豆花は豆乳を原料にして作られている事と、豆乳屋さんが作る豆花ということもあって かなり本格的な味わいに。色々なメディアでも多く紹介されています。

また関西エリアではまだ珍しい、台湾朝食の定番「鹹豆漿(シェントウジャン)」も用意されていて、おぼろ豆腐のような豆乳スープに台湾揚げパン「油條(ヨウティアオ)」を浸して食べる本格スタイル。こちらもぜひ試してみたい人気メニューです。

「台湾豆坊」の豆花を食べた感想(口コミ紹介)