2021最新!東京でおすすめ「フルーツ大福」の人気店5選

2021年最新!東京おすすめフルーツ大福5選流行グルメ

東京都内にあるフルーツ大福を販売しているフルーツ大福専門店や和菓子屋さんの中から、口コミ評価が高く、実際に買ってみて食べた人の評判がいいお店を厳選してご紹介!

東京で美味しいフルーツ大福が買えるお店を知りたい時の参考にしてみて下さい。

(※商品内容や価格は執筆時点でのものです。詳細は公式サイトや公式インスタグラム等の情報も合わせて参考にしてみてください。)

 

スポンサーリンク

どら焼き屋さんが作る絶品フルーツ大福「元祖どら焼きの店 するが」

営業情報

公式サイトhttp://www.surugayaki.com/shop.html
販売している主なフルーツ大福と種類・メロン大福/あまおう大福/完熟パイン大福/キウイ大福/はっさく大福/生パイン大福/ 240円〜
営業時間・9時〜21時
TEL・03-3628-3829
アクセス・亀有駅より徒歩すぐ
住所・東京都葛飾区亀有3-25-1

お店の特徴

どら焼きの中に栗を入れた「栗どら焼き」発祥のお店として知られるどら焼き屋さん。全国にファンも多い名店ですが、どら焼き以外にもフルール大福も名物です。

みかんが丸ごと入った大福や、赤肉メロン大福、夏場に美味しい白桃大福など季節の旬の果物を使ったフルーツ大福を常時4〜5種類ほど販売されています。

「するが」のフルーツ大福を食べた感想(口コミ紹介)

スポンサーリンク

 

京都和菓子屋さんのフルーツ大福「菓実の福(京都祇園 仁々木 ニュウマン新宿店)」

営業情報

公式サイトhttps://kajitsunofuku.jp/
販売している主なフルーツ大福と種類・王様いちごの福/みかんの福/完熟パインの福/桃チョコバナナの福/キウイの福/ぶどう三昧大福/贅沢よくばりの福  300円〜
営業時間・8時30分〜21時30分(土日祝は21時まで 定休日はニュウマン新宿店に準ずる)
TEL・03-6457-8578
アクセス・新宿駅より徒歩すぐ
住所・東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55

お店の特徴

京都に本店を構える和菓子屋さん「京都祇園 仁々木」が手掛ける、フルーツ大福ブランドが「菓実の福」です。

仁々木は京都の和菓子屋さんではありますが、伝統的な京菓子にとらわれすぎず、自由な発想で素材を組み合わせ現代の趣向に合わせてお菓子を作っているとのこと。

伝統と今風の完成を組み合わせた感覚は、「菓実の福」にも反映。京都を連想させる、抹茶と栗の大福などの他にも、ブルベリーの大福や、ショコラマロンの大福などユニークな大福が数多く揃っています。

「菓実の福」のフルーツ大福を食べた感想(口コミ紹介)

スポンサーリンク

 

2段になった あんず大福は芸能人も御用達「果匠 正庵」

営業情報

公式サイトhttps://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13001550/
販売している主なフルーツ大福と種類・黒ごま大福/あんず大福/いちご大福  216円〜
営業時間・10時〜19時(日祝は10時30分〜17時まで)
TEL・03-3441-1822
アクセス・恵比寿駅より徒歩9分
住所・東京都渋谷区広尾1-9-20

お店の特徴

1997年創業の和菓子屋さんで、こちらの名物はなんといっても「あんず大福」。あんずの入った大福はこちらのお店以外でもたまに見かけますが、正庵のあんず大福の一番の特徴は、あんこと杏子が大福の中で別れた二段構成になっていること。

あんこと杏子を一緒に混ぜてしまうと、大福の中で味が混ざりすぎてしまうため、あえて別々に分けて食べた瞬間に両方の味をちゃんと感じれるようにした…という店主こだわりの作り方となっています。

芸能人も多く利用している御用達のお店で、色々なメディアでも取り上げられている人気店です。

「果匠 正庵」のフルーツ大福を食べた感想(口コミ紹介)

スポンサーリンク

 

おもち屋さんが作る有名いちご大福「越後鶴屋」

営業情報

公式サイトhttps://omochiya.jp/
販売している主なフルーツ大福と種類・開運豆大福/一期大福(いちご)/開運草大福/開運あわ大福   190円〜
営業時間・9時〜18時 月曜定休日 月曜祝日の場合は火曜代休 ※ 売り切れ次第終了 ※大福は10時頃より販売
TEL・03-3335-0450
アクセス・西荻窪駅より徒歩2分
住所・東京都杉並区松庵3-38-20

お店の特徴

西荻窪の超有名店。つきたて&出来たてにこだわったお餅屋さんで、新潟産こがねもちと北海道産の大納言小豆を使って作る美味しいお餅お菓子がたくさん。

月曜から夜ふかしや、モヤモヤさまぁーず他、各種テレビでも取り上げられることの多い名店で訪れたことはなくても、一度は見かけたこともある人も多いはず。

こちらでは、特に限定300個のいちご大福が有名で、早ければ夕方16時ぐらいに完売してしまうことも多いそう。

また、出来たてにこだわっているため、各種大福は毎日タイムスケジュールに沿って作られていて、店頭に並ぶ時間が決まっています。

「越後鶴屋」のフルーツ大福を食べた感想(口コミ紹介)

スポンサーリンク

 

ラムレーズン大福が美味しい「赤坂青野」

営業情報

公式サイトhttps://akasaka-aono.com/
販売している主なフルーツ大福と種類・らむれーずん大福/レモン大福  270円〜
営業時間・9時〜18時
TEL・03-3585-0002
アクセス・赤坂駅より徒歩5分
住所・東京都港区赤坂7丁目11−9 赤坂三基ビル 1階

お店の特徴

明治32年創業の赤坂の名店和菓子屋さん。黒糖が入ったお餅をたっぷりのきな粉にまぶして風呂敷のようにして包んで提供する「赤坂もち」が有名で、信玄餅などでも見かける風呂敷できな粉とお餅を包むスタイルの元祖のお店と言われています。

また、スティーブ・ジョブズが愛したお店としても有名で、わざわざ空輸でお取り寄せしていたのだそう。

そんなお店の名物大福が「らむれーずん大福」。一見すると豆大福のようにも見えますが、たっぷりの粒粒は全てラムレーズン。口に入れた瞬間にたっぷりのラムレーズンの風味が広がります。

「赤坂青野」のフルーツ大福を食べた感想(口コミ紹介)