煎茶・番茶・ほうじ茶・玉露・抹茶の特徴&お茶の種類の違い

未分類

煎茶・番茶・ほうじ茶・玉露・抹茶の5つのお茶の特徴と、それぞれのお茶の違いを解説します。

 

お茶の特徴と種類の違い

5つのお茶の種類と、それぞれの特徴はこんな漢字↓

煎茶
  • 露地栽培の新芽を摘み取ったもの。
  • 日光を遮らずに育てるので、ビタミンCも豊富。
  • 蒸気で蒸してもんでから、細かく刻んで乾燥させる。
番茶
  • 煎茶の若芽を積んだ後で伸びた葉や茎を使ったお茶。
  • 蒸したり煮たりした後で乾燥させて使う。
  • 流通品的には低級品や規格外という扱い。
ほうじ茶
  • 煎茶の下級品を強火で焙じたもの。
  • 下級品の香りが落ちるのみこして、違った味わいで楽しむために開発されたのが始まりと言われてる。
  • カフェインやタンニンの量は最も少ない。
玉露
  • 分類上では煎茶の一種。
  • 煎茶は日光にさらして作るのに対して、玉露は収穫直前に日光を遮る
  • お茶の旨味成分であるテアニンは、日の光にあたるとカテキンになり「渋み」が増す。日光を遮ると事で、旨味を残しつつ苦味を抑えた仕上がりに。
抹茶
  • 玉露の茶葉と同じ。
  • 蒸した後にもんで乾燥させると玉露で、もまずに乾燥させて「葉脈」と「葉柄」取り除いて粉末にしたものが抹茶。
スポンサーリンク
どのお茶が好き?