サスペンスドラマの真相(自白)シーンは断崖絶壁が多い理由

未分類

サスペンスドラマでエンディングが近くなり、犯人が追い詰められたり、自白するシーンでは決まって「断崖絶壁」になる事が多いですよね。 なぜなのでしょうか?

 

サスペンスドラマの真相は断崖絶壁の理由

サスペンスドラマで断崖絶壁シーンが使われたのは、松本清張原作の映画「ゼロの焦点」で、石川県にある「ヤセの断崖」がクライマックスシーンで使われ始めたのが元祖。

このシーンが評判となり断崖絶壁シーンが定番となったというもので、プロデューサー側の目線でも「犯人を追い詰めてる感が出やすい」「波しぶきがある方が画に変化感があっていい!」等と、使いやすいメリットが多いのだそう。

 

名俳優が教える おすすめ断崖絶壁スポット

サスペンスドラマの俳優で有名な船越英一郎さんは、スポーツ報知の『「2時間ドラマの帝王」船越英一郎が挙げる「オススメの崖」3つ』という記事の中で、実際に演じてて良かったスポットを紹介しています。

3おすすめ断崖絶壁は次の3つです↓

  • 石川の能登金剛の「ヤセの断崖」
  • 千葉県銚子市の「犬吠埼」
  • 静岡県伊東市の「城ケ崎海岸」

石川の能登金剛の「ヤセの断崖」に関しては、紹介したとおり、もともとのルーツとなった場所でもありますね。

おすすめされていた断崖絶壁の様子はこんな感じです↓

1:石川の能登金剛の「ヤセの断崖」

能登金剛と呼ばれている複雑に入り組んだ地形で、奇岩・奇勝が多い有名スポットです。

「ヤセの断崖」の「ヤセ」の由来となっているのは「身がやせる思いがする」という部分のヤセからとったのだそう。

2:千葉県銚子市の「犬吠埼」

岬には「世界灯台100選」にも選ばれている「犬吠埼灯台」もあるスポット。また、離島や富士山のような高い山を覗いて、日本で最も早く初日の出が拝める場所としても知られています。

3:静岡県伊東市の「城ケ崎海岸」

静岡県の伊東半島の中部の東側にあるエリア。約4000年前の噴火で溶岩が流れて、海岸線を埋め立てて生まれたと言う、複雑な地形が特徴です。

思わず足がすくむような「門脇吊橋」という吊橋や、独特の地形を目当てに多くの観光客が訪れる場所です。

スポンサーリンク