「自転車=チャリンコ」の語源&全国での呼び方や方言はある?

自転車の事を「チャンリンコ」「チャリ」等と呼んだりもしますが、なぜこのように言われてるのでしょうか?

 

チャリンコの語源

チャリンコの語源となっているものは、複数の説があります↓

  • 「ベルの音」説:自転車についているベルが「チャリンチャリン♪」と音が鳴る事から、チャリンコと呼ばれるようになった。
  • 「韓国語」説:韓屋では自転車の事を「チョジャンゴ」と呼ぶ。これがなまって「チャリンコ」と呼ばれるようになったという説。
  • 「子供のスリ」説:戦後の貧しい日本では子供によるスリが行われていて、チャリンコと呼ばれていた。これがいつの間にか自転車の意味に変化したという説。

 

自転車の他の方言や呼び方はある?

全国的に有名なチャリンコという言い方ですが、東海地方の一部の地域では、自転車の事を「ケッタ」「ケッタマシーン」「ケッタクリマシーン」等と呼ばれる場合もあるそう。

「ケッタクリ」の言い方から想像できるように、自転車を蹴って(ペダルを踏んで)動かす仕草が由来となっているとの事。また、アニメ「ゲッターロボ」に登場するオートバイ「ゲッターマシン」からとって「ケッタマシーン」と呼ばれるようになったという説もあります。

スポンサードサーチ