ファミマバタービスケットサンドはどれが美味しい?実食&感想

ファミマバタービスケットサンドどれが美味しい?流行グルメ

 

ファミマから新発売したコンビニスイーツ「バタービスケットサンド」が爆発的にヒットしているようですね。

SNS等でも話題になっていて全部で3種類の味があります。どれも美味しそうですが、どの味に人気があるのでしょうか?

3つそれぞれのバタービスケットの味の特徴と実際に自分で食べてみた感想、また食べてみた人の口コミ情報も合わせてまとめました。

 

スポンサーリンク

バタービスケットサンド チーズ(税込228円)の情報

バタービスケットサンドチーズの糖質/カロリー/原材料と食べた人の感想

カロリー/糖質/原材料

カロリー218kcal
糖質16.4g
原材料乳等を主原料とする食品(国内製造)/小麦粉/ナチュラルチーズ(デンマーク製造、国内製造)/バター(国内製造)/砂糖/チョコレート/粉糖/鶏卵/卵白/油脂加工食品/澱料(加工澱粉、ゼラチン、増粘多糖類)/pH調整剤/膨張剤/乳化剤/香料/環状オリゴ糖/クエン酸/酸化防止剤(V.E、チャ抽出物、酵素処理ルチン)/(一部に乳成分、小麦粉、卵、ゼラチン、大豆を含む)

味の特徴

発酵バターで作ったビスケットでデンマーク産のクリームチーズ&北海道産のマスカルポーネチーズを加えたたっぷりのバターチーズクリームをサンドしています。

バターチーズクリームと聞くとかなりこってりしたイメージですが、実際に食べるとシュワッととろけていくようなさっぱりとした味わい。濃厚だけど口溶けがいいチーズクリームという感覚です。

クッキーはしっとり&ほろほろとした感じで、チーズの風味とベストマッチ!

バタービスケットサンド チーズを実際に食べてみた人の感想(口コミ)

スポンサーリンク

 

バタービスケットサンド ショコラ(税込228円)の情報

バタービスケットサンドショコラの糖質/カロリー/原材料と食べた人の感想

カロリー/糖質/原材料

カロリー220kcal
糖質18.7g
原材料乳等を主原料とする食品/小麦粉/チョコレート/バター/ナチュラルチーズ/砂糖/粉糖//鶏卵/カカオマス/卵白/コーンスターチ/加糖練乳/ゼラチン/みりん/食塩/澱料(加工澱粉、ゼラチン、増粘多糖類)/着色料(カラメル)/膨張剤/pH調整剤/乳化剤/香料/クエン酸/環状オリゴ糖/(一部に卵、小麦、乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

味の特徴

こちらもバタービスケットサンドチーズと同じく、ビスケット生地には発酵バターを使用。

中のクリームがチョコーレート味になっていて、クーベルチュールチョコレート+バタークリームチーズを組み合わせたもの。さらにチョコチップも入っていて、カリカリとした食感のアクセントにしているとのこと。

ややチーズ感強めのチョコクリームなため、チョコ好きの人からはもう少しチョコっぽさがある方が好き!という意見がある一方、ほんのりチョコがちょうどいいという口コミもありました。

バタービスケットサンド ショコラを実際に食べてみた人の感想(口コミ)

スポンサーリンク

 

バタービスケットサンド ラムレーズン(税込248円)の情報

バタービスケットサンドラムレーズンの糖質/カロリー/原材料と食べた人の感想

カロリー/糖質/原材料

カロリー214kcal
糖質20.8g
原材料乳等を主原料とする食品(国内製造)/小麦粉/ラムレーズン(国内製造)/バター(国内製造)/ナチュラルチーズ/砂糖/チョコレート/粉糖/鶏卵/洋酒/油脂加工食品/澱粉/卵白/レモン果汁/ゼラチン/みりん/食塩/澱料(加工澱粉、ゼラチン、増粘多糖類)/膨張剤/pH調整剤/乳化剤/香料/環状オリゴ糖/クエン酸/酸化防止剤(V.E、チャ抽出物、酵素処理ルチン)/(一部に乳成分、小麦粉、卵、ゼラチン、大豆を含む)

味の特徴

他のチーズ味とショコラ味は同じ値段ですが、こちらのラムレーズン味は2つよりもちょっとだけ値段が高め。

ラムレーズンが入っている他、ラムの香りがするバタークリームを組み合わせてサンド。ビスケット生地は他の2タイプと同様でホロっと崩れるタイプです。

ラムレーズン+クリーム+ビスケットと言えば、北海道の名物お土産 六花亭の「マルセイバターサンド」が有名ですが、あちらと比べても入っているラムレーズンの粒が大きめサイズでしっかりとラム感を感じる味わい。

バタービスケットサンド(ラムレーズン)を実食!

バタービスケットサンドのラムレーズンを買ってきてもらったので、実食してみます。口コミでも一番高評価な意見が多かったように思えますが果たして!?

 

袋を開けるとこんな感じ。形が崩れないようにプラスチックのフィルムで覆われています。「薄めのプラ板」といってもいいぐらい、しっかり硬さのあるフィルムが使われているので、ちょっとやそっとの衝撃では崩れなさそう。

 

袋から出すと、たっぷりとラムレーズが! この写真だけみるととんでもない量のラムレーズが入ってるかのようにも見えますが…

 

反対側を向けてみると、アララ… いきなりラムレーズンの量が減ってました。

僕の分がたまたまそうなのか、袋をあけたらどれも開封面に大量のラムレーズンがあるように見えるように作ってるのかは謎ですが、全面に大量に入ってるわけではなさそうです。

 

というわけでで実食!

まず、比べられる事の多いマルセイバターとの違いを言うなら、外型のクッキー(ビスケット)部分がまったく別物。

マルセイバターは、サクサクとした食感でかなり分厚さがありますが、マルセイバターと比べると、多分1/2ぐらいの薄さなんじゃないかと思います。

薄い分、クリームの水分をよく吸うのか、かなりしっとりめの生地。ホロホロと崩れる…と表現する人が多いのも分かります。僕はどちらかというとザクザク食感の方が好みなので、ビスケット生地に関してはあまり好きではありませんでした。

次に中のクリーム。 こちらはラムレーズンがかたよってるとはいえ、大量にラムレーズンが入ってる事もあってかなりラムレーズン風味が強め。

シュワっととろける…という感覚はなく、割としっかりとしたクリームではあるものの、そこまでクドさは感じず、こってり食感だけどくどくない…という不思議な感じがしました。 (一緒にブラックコーヒーを飲んでたのですが、相性は抜群!)

また、最初パッケージから開けた瞬間は、SNS等の画像でみるよりも小さいな…という印象がありましたが、食べてみるとクリームが分厚い分 食べごたえがあり、これ以上 多いとちょっと飽きてきてしまうかもとも。 1個でちょうどいい量になってる印象です。

スポンサーリンク

 

バタービスケットサンド ラムレーズンを実際に食べてみた人の感想(口コミ)