2021最新!東京で韓国かき氷ピンスが美味しい人気店5選

2021年最新 東京ピンス(韓国かき氷)人気店流行グルメ

日本のかき氷とは違って、たっぷりのフルーツを使ったりリッチに盛り付けがしてたる韓国風かき氷のピンスや、小豆をプラスしたパッピンス。

東京では新大久保等に行けば、ピンスを販売しているお店も多くありますが、ピンスそのものよりどちらかとうと韓国アイドル寄りな雰囲気を楽しむカフェだったり、味をそこまで重視してなさそうなお店もちらほら…

どうせ食べるなら美味しいピンスを食べたい!という事で、雰囲気や見た目だけじゃない、ちゃんと食べても美味しい口コミ評価の高いピンスを販売している人気店を一覧にしてまとめました。

 

スポンサーリンク

東京で美味しいピンスが食べれるお店その1「HOMIBING(ホミビン)」

営業情報

公式サイトhttps://www.instagram.com/homibing_japan/
販売してるピンスの種類と値段
・生マンゴーホミビン/きなこ餅ホミビン/抹茶ホミビン/タロ芋ホミビン/チョコブラウニーホミビン/タピオカミルクティーホミビン/生ブルーベリーホミビン/オレオティラミスホミビン/生いちごホミビン/生スイカホミビン/生マスカットホミビン/生メロンホミビン

・900円〜1,500円  季節限定品有り 

営業時間・11時〜23時30分
TEL・03-6205-5440
アクセス・新大久保駅から徒歩2分
住所・東京都新宿区百人町2丁目3−20

お店の特徴

韓国旅行に行ったらほとんどの人が1回は訪れるであろう人気の観光地「明洞(ミョンドン)」。ソウルで最大の繁華街であり、グルメ、コスメやエステ、ファションなど最先端が集う人気のスポットです。

そんな明洞発祥のカフェがホミビンさんで、韓国各地に店舗がありロサンゼルス等にも店舗を持つグローバルなお店。そんなホミビンの日本1号店が新大久保にあります。

こちらのピンスは、台湾式にアレンジしているのが特徴で、氷そのものに味がついたものを薄く削ってかき氷にしています。どちらかというとかき氷を食べているというより、マイルドなアイスクリームを食べている…という感覚。

たっぷりのフルーツが盛り付けられていて、タロ芋ホミビンにはチーズケーキものっていたりと、とにかく見た目がリッチです。

「ホミビン」で食べたピンスの感想&口コミ

スポンサーリンク

 

東京で美味しいピンスが食べれるお店その2「CAFE BINGGO(カフェビンゴ)」

営業情報

公式サイトhttps://www.cafe-binggo.jp/
販売してるピンスの種類と値段
・イチゴビンス/マンゴービンス/ブルーベリービンス/バナナビンス/チーズビンス/抹茶ビンス/きな粉ビンス/オレオビンス/桃ビンス/パイナップルビンス/スイカビンス/サツマイモビンス/メロンビンス

・940円〜2,340円  季節限定品有り

営業時間・10時〜23時(金土日祝は23時30分まで 年中無休)
TEL・03-6380-3892
アクセス・新大久保駅から徒歩1分
住所・東京都 新宿区 百人町 2‐2‐3 TRN新大久保ビル 2F

お店の特徴

お店の名前のビンゴは、ビンス(韓国かき氷)のビンと、ゴグマ(さつまいも)のゴを合成した造語で、その名前のとおり、韓国かき氷&焼き芋が名物のお店です。

(韓国かき氷はンスだったり、ンスだったり…どっちなの?という感じですが、英語表記がBingsuなのでビンスと呼ばれたりもするのかも。)

こちらは韓国の弘大(ホンデ)発祥のお店。弘大は、芸術大学の最高峰と言われている「弘益大学」が中心にあり、街全体がアートに包まれてるようなオシャレスポット。

また、焼き芋屋さんも有名なよう弘大にいくつものお店がり、カフェビンゴさんもその一つというわけ。

ビンスはオーソドックスなタイプから、焼き芋名物らしく「サツマイモビンス」なんかもあります。

焼き芋の上にチーズ、カレー、ベーコン、など色々な具材をのせた日本では見かけない、ちょっとユニークな焼き芋も合わせて、試してみては?

「カフェビンゴ」で食べたピンスの感想&口コミ

スポンサーリンク

 

東京で美味しいピンスが食べれるお店その3「韓流茶房」

営業情報

公式サイトhttp://kanryu-sabou.com/
販売してるピンスの種類と値段
・パッピンス 680円
営業時間・12時30分〜22時(日祝は19時まで) 月曜定休日
TEL・03-6913-4225
アクセス・新大久保駅から徒歩2分
住所・東京都新宿区百人町1-6-15 NKビル3階

お店の特徴

オシャレの最先端!という雰囲気の韓国系カフェから、アイドル命!という雰囲気の韓国アイドル系カフェが多い新大久保の中で、奇をてらわない純喫茶のような落ち着いた感じのお店がこちら。

食後のデザートとしても楽しむ、干し柿やシナモンを使った「水正果 スジョンガ」と呼ばれるお茶や、真っ赤な色合いと5つの味を感じるという味わいにも特徴がある「五味子茶 オミジャチャ」など、本格的な韓国の伝統茶を楽しむ事ができるお店です。

ピンスは、小豆とたっぷりのフルーツを使った韓国王道のパッピンスを販売。新大久保ではインスタ映えな大きめサイズのピンスが多い中、こちらではミニサイズのパッピンスがある他、伝統茶とセットで1080円で楽しめるものもあり、気軽に試しやすい所も嬉しいですね。

オーナーは韓国の方で、本国よりも日本の方が好きとの事でお店を出店。ただ、韓国と日本の交流にも力を入れてるそうで韓国語教室等も開催されています。

マスコットキャラ?的な猫ちゃんが店内にいるそうで、運が良ければ癒やしのふれあいもできるかも?

「韓流茶房」で食べたピンスの感想&口コミ

スポンサーリンク

 

東京で美味しいピンスが食べれるお店その4「CAFE チョンハクトン」

営業情報

公式サイトhttps://www.hotpepper.jp/strJ001263505/photo/
販売してるピンスの種類と値段
・イチゴカキ氷/かぼちゃカキ氷/あずきカキ氷/果物カキ氷

・750円〜1,200円

営業時間・11時〜24時00分 (日曜は22時まで)
TEL・03-5807-7399
アクセス・上野広小路駅から徒歩4分
住所・東京都台東区上野2-11-20タンポポビル1F

お店の特徴

新大久保から少し離れて韓国料理も取り扱う人気のかカフェが青鶴洞 (チョンハクトン)さんです。

同エリアで本格韓国料理を展開する「韓国家庭料理 青鶴洞 」さんの姉妹店なのだそうで、ホットクなどのおやつ系メニューの他、キムチチゲなどの料理系メニューもかなり充実しています。

東京在中の韓国の方も多く訪れるお店で、店内は流暢な韓国語がそこかしこで聞こえてきて、ちょっとした韓国旅行気分に。

かき氷はお盆の上にのってきて、ビスケットと一緒に提供。かなり特徴的なのが練乳が大きなボトルで出てきて自分でかけて食べるスタイルなこと。まるでサラダのドレッシングのような容器でドン!ど出てきてたっぷりかけ放題。練乳好きな人にはたまらないサービスです。

本場の韓国料理の後に贅沢なピンスも食べたいならこちら。

「CAFE チョンハクトン」で食べたピンスの感想&口コミ

スポンサーリンク

 

東京で美味しいピンスが食べれるお店その5「Cafe ON (カフェオン)」

営業情報

公式サイトhttps://www.instagram.com/cafeon/?hl=ja
販売してるピンスの種類と値段
・パッビンス/マンゴビンス/いちごビンス/お眠りくまさんビンス/

・1,100円〜  季節限定品有り 

営業時間・11時〜0時00分 
TEL・03-6233-8864
アクセス・新大久保駅から徒歩3分
住所・東京都新宿区百人町2-1-1 2F

お店の特徴

新大久保に戻って、ある意味で新大久保らしいお店がこちら。店内は少し暗めになっていて、プロジェクターから大型スクリーンに韓国系アイドルのMVが流れています。流すMVはリクエスト可能との事で、お茶を飲みながらゆっくりMVを楽しんでいる女子が多数!

ピンスは基本の3種類の他、シーズンごとに限定ビンスも登場。執筆現在は「お眠りくまさんビンス」という、くまが寝転がってるバニラアイス付きのキュートなかき氷を販売されていました。

「カフェオン」で食べたピンスの感想&口コミ