2021最新!福岡で人気の「豆花専門店」美味しいおすすめ3選

福岡 豆花 おすすめ専門店3選流行グルメ

福岡内にある台湾のさっぱりスイーツ「豆花」を専門に取り扱っているお店の中から、口コミ評価が高くて美味しい!と評判のいいお店だけを厳選してご紹介!

(※商品内容や価格は執筆時点でのものです。詳細は公式サイトや公式インスタグラム等の情報も合わせて参考にしてみてください。)

 

スポンサーリンク

福岡おすすめ豆花専門店その1「台湾倉商店」

営業情報

公式サイトhttps://kurasyouten.wixsite.com/info
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/kurasyouten/
販売している豆花の種類と値段・台湾定番豆花 680円
・トッピング例 ↓ (時期によって変動)
・白玉、東方美人白玉、芋団子、仙草ゼリー、タピオカ、金時豆、ズーミー、茹でピーナッツ、緑豆、蓮の実
営業時間・土日祝と月曜日の11時〜16時の営業 (詳しくは営業日カレンダーをチェック)
アクセス・大濠公園駅より徒歩3分
住所・福岡県福岡市中央区大手門3丁目3−24 小金丸ビル1F

お店の特徴

こちらは台湾人オーナーさんによる豆花の専門店。日本人の奥さんが豆花を好きだった事と、独学で台湾の製菓国家資格を取得したスキルを活かして豆花専門店をオープンしました。

自家製で豆花を作っているお店は多いですが、倉商店さんのこだわりはかなりすごめ。手作りで豆花を作っていると言っても原料の豆乳は近くの豆腐屋さんから仕入れたりしている所がほとんど。一方で倉商店さんは、なんと原料の豆乳も大豆から作っているとのこだわりっぷりです。

その味は本場の台湾の人からもお墨付きで、日本在住の台湾人の方々が故郷の味を懐かしんでわざわざ福岡まで訪れる事もあるそうです。

ちなみに豆花だけではなく、シロップやトッピングも手作り。営業日がかなり少ない印象ですが、休業日もトッピングの仕込み等に時間を使っているそうで、手作りにこだわった結果、営業日は少なめとなっている様子でした。

倉商店さんでは、限定で「台湾カステラ」等も販売している事があり、こちらも豆花と同じぐらい人気商品となっています。

▶関連:福岡の台湾カステラが美味しい人気店6選(店情報&口コミ)

「台湾倉商店」の豆花を食べた感想(口コミ紹介)

スポンサーリンク

 

福岡おすすめ豆花専門店その2「初心茶室」

営業情報

公式サイトhttps://shoshintea.com/
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/shoshintea/?hl=ja
販売している豆花の種類と値段・定番小豆豆花(トッピング1) 680円
・トッピング3 (タピオカ タロイモ 小豆) 880円
・トッピング4(白玉 仙草 緑豆 芋圓)980円
・トッピング4(小豆 緑豆 仙草 大粒芋圓)980円
営業時間・11時〜21時30分 (豆花は販売している曜日限定 詳しくは公式インスタのカレンダーにて)
アクセス・藤崎駅4番出口から徒歩5分
住所・福岡県福岡市早良区高取1丁目29−19

お店の特徴

こちらも台湾人オーナーさんが経営しているお店。ブルーと白のカラーがオシャレな店内で、主にタピオカをメインとして販売。小さい頃から味わってきたタピオカを日本人にも味わって欲しいとの思いから、本場台湾さながらの本格的なタピオカが飲めるお店として大人気です。

豆花は基本、土日祝日限定で10食のみ店頭販売している貴重品。店頭以外は事前予約制になっているので、注意が必要です。豆花の味はしっかりと大豆感を感じるタイプで、大豆の味が濃くて美味しい!と評判。

スポンサーリンク

 

福岡おすすめ豆花専門店その3「SOYS&SOFA」

営業情報

公式サイトhttp://soysandsofa.com/
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/soysandsofa/
販売している豆花の種類と値段・マンゴー豆花 800円
・季節の豆花 800円
・ティーゼリー&黒タピオカ 600円
・豆づくし 600円
・緑豆&白玉 600円
・タピピー(タピオカ&ピーナッツ)600円
・プレーン豆花 Sサイズ300円 / Mサイズ 500円
営業時間・7時〜18時(水曜定休日)
TEL・0942-32-0942
アクセス・西鉄久留米駅より徒歩7分
住所・福岡県久留米市大手町5−33

お店の特徴

中華粥と豆花を中心とした台湾スイーツが楽しめるお店。お店の名前のとおり店内には色々な種類のソファーが並ぶゆったりとした雰囲気です。

SOYS&SOFAさんの豆花は、当店オリジナルの「べっこうシロップ」をかけて楽しむタイプで、冬は暖かく夏は冷たくして食べるのがおすすめとのこと。

台湾の本格的な豆花店はカウンター越しでトッピングを自分で選ぶスタイルが定番ですが、こちらでは「マンゴー豆花」「豆づくし」等のように、店側でおすすめの組み合わせをある程度決めてくれているスタイル。豆花を食べ慣れてない人にとっては、むしろこちらの方が分かりやすくて良いかもしれませんね。

また、定番の豆花以外にも「季節の豆花」があるのも他店にはない特徴。

これまでに提供されていてた季節の豆花を見てみると、「ほうじ茶豆花」「ブルーベリーヨーグルト豆花」「メロン豆花」「さくら豆花」「いちご豆花」「新春豆花」「ラ・フランス&和梨の豆花」などなど、ちょっとユニークな豆花が食べれます。

「SOYS&SOFA」の豆花を食べた感想(口コミ紹介)