【2022年 冬】タリーズ福袋の中身ネタバレ&内容紹介

2022年 タリーズコーヒー福袋 中身ネタバレ人気の福袋

とにかく入っている雑貨が可愛い!と毎年口コミ評価の高いのがタリーズコーヒー福袋です。そんなタリーズコーヒー福袋の2022年版の情報をご紹介。

気になる中身ネタバレの他、事前に予約する方法や店舗での発売時期等の情報をまとめました。

また今年との比較用に、過去の発売されていたタリーズ福袋の内容も合わせて紹介しています。

 

スポンサーリンク

2022年 「タリーズ福袋」の内容は?

タリーズの福袋は「HAPPY BAG」として例年3つの種類で販売。

3,000円〜、5,000円〜、10,000円と3つの種類が軸になっていて、3,000円〜と5,000円〜はそれぞれオリジナルのトートバッグがセットになっていて、中身はコーヒー豆や雑貨の他 毎年「テディべア」のオリジナルデザインぬいぐるみがついてるのが大きな特徴です。

10,000円に関してはトートバッグではなく、意外にも紙製の普通のペーパーバッグ。値段は高いのになぜ?と思ってしまいますが、その分 中身のコーヒーの種類がかなり豊富な内容なため福袋に雑貨的なアイテムを期待する…というよりは、本当にコーヒー好きな人のための内容になっています。

販売時期については、例年12月上旬頃に予約がスタート。直接店頭で購入する場合は1月1日からの初売りで数量限定という形でしたが、昨年に関してはコロナの影響もあり第一弾の抽選販売と第二弾の先着予約を軸に、初売りも1月1日ではなく前年の12月25日に販売と時期を早めて密を避ける対策が行われていたようです。

そして、今年の2022年のタリーズ福袋の内容が公開!

今年から「店舗販売版」と「オンライン限定版」に分かれ、それぞれのライナップが違った内容になっています。

まず、「店舗販売版」の内容はこんな感じ↓

2022年 タリーズ福袋の内容は?

事前予約(予約開始日/予約方法)・2021年12月3日(金)〜 店舗にて予約受け付け開始。公式ページからダウンロードできる「2022 HAPPY BAG 予約票」に必要事項を記入して店頭レジに渡して受け付け完了。受取日は12月22日(水)〜12月31日(金)まで指定できる。
・購入数上限 5個まで。数量限定でなくなり次第終了。
・(参考)例年12月2〜3日頃から店頭予約スタートだが、昨年はコロナ下の影響で第一弾の抽選販売と第二弾の先着販売に分かれての予約だった。
店頭で直接購入2022年1月1日より各店舗で数量限定で店頭販売。
・(参考)例年 1月1日からの数量限定で店頭販売だったが、昨年はコロナ下の影響で12月25日販売と販売を早める形に変更。
福袋の内容4,000円バッグ:オリジナルトートバッグ(グレージュ/マゼンダ)/ブラジル ファゼンダバウ 150g/グァテマラ コーペアカテナンゴ 150g/エスプレッソシェイク キャンディ/干支ミニテディベア(トラ年 3種のうちいずれか1種)/ドリンクチケット5 枚(有効期限:2022年6月21日)

6,600円バッグオリジナルトートバッグ/ブラジル ファゼンダバウ 150g/コスタリカ コーペ ドータ 150g/シングルサーブ オリジナブレンド(4P)/ステンレスコーヒータンブラー/キルティング マルチケット/ドリンクチケット8 枚(有効期限:2022年6月21日)

10,000円バッグ:オリジナルペーパーバッグ/ブラジル ファゼンダ バウ(150g)/コスタリカ コーペ ドータ(150g)/グァテマラ フィンカ エル リモナール(150g)/エチオピア デベカファーム(150g)/ブルンジ レッドブルボン100%(150g)/ステンレスボトル/オリジナル トライタンサーバー/ドリンクチケット15枚(有効期限:2022年6月21日)

・例年  3,000円台、5,000〜6,000円台、10,000円の3種類の福袋を販売。3,000円台と5,000円台はオリジナルトートバッグ+コーヒ豆や雑貨、10,000円はバッグはつかずにコーヒー豆の種類数や雑貨の品質が高いという形。3,000円台と5000円台についてくる、「限定テディベア」のファンも多い。

昨年は抽選販売と先着販売の2つに分けての予約方式でしたが、今年は従来の1種類の予約方法に戻った形。

内容的には例年とほぼ一緒の内容ですが、3,500円バッグは4,000円に値上げ。6,000円バッグは6,600円とプチ値上げが行われていました。

タリーズの3,000円台の福袋の毎年の定番は、その年の干支デザインになった「ミニテディベア」がついてくる事ですが、今年ももちろん登場! ↓


出典:https://www.tullys.co.jp/cpn/happybag2022/#ticket

今年は3種類のミニテディの中から1種類が入っている形で、キャップ帽子を被っているテディだけホワイトタイガー仕様になっているとの事。

どれも可愛らしいですが、コレクターさんにとっては集めるのが大変そうですね。

続いて、「オンライン限定版」の内容はこんな内容になっています↓

2022年 タリーズ福袋(オンライン版)の内容は?

事前予約(予約開始日/予約方法)・2021年12月22日(水)11時〜 オンラインストアにて予約開始。購入にはオンラインストアの会員登録が必要で、支払いはクレジットカードのみ。商品代金とは別に送料も必要。
・購入数上限 5個まで。数量限定でなくなり次第終了。
福袋の内容5,000円バッグ(オンラインストア限定):コーヒーラバーズブレンドテイスティングセット(モーニングデュー・ニューエイジ・シアトルクラシックの3種 80g×各1袋)/Tully’s Specialty カフェオレベース 275ml/タリーズオリジナルドリッパー(Aセットはラスターブラック、Bセットはライムグリーン)/ビーンズメジャースプーン/干支ミニテディベア(トラ年のうちいずれか1種)/デジタルドリンクチケット15枚(有効期限:2022年6月21日)

10,000円バッグ:ブラジル ファゼンダ バウ(150g)/コスタリカ コーペ ドータ(150g)/グァテマラ フィンカ エル リモナール(150g)/エチオピア デベカファーム(150g)/ブルンジ レッドブルボン100%(150g)/ステンレスボトル/オリジナル トライタンサーバー/ドリンクチケット15枚(有効期限:2022年6月21日)

※ 5,000円バッグはAセット、Bセットの2種類があるがドリッパーの色が違うだけで内容は一緒。
※10,000円バッグは店舗販売版とまったく同じ内容。

オンライン版の福袋は店舗予約版の受け取り開始日である22日に合わせて予約をスタートする様子。

内容的には5,000円がAセット Bセットあって、10,000円の福袋がある3種類となっていますが、5,000円の2種類はドリッパーの色が違うだけで中身はまったく同じなので、実質 5,000円と10,000円の2種類で販売しているイメージです。

10,000円のバッグについては、店舗予約版とまったく同じ中身なので、はじめから1万円を購入するつもりの人は店舗でもオンラインでもどちらを選んでも良さそう。

5,000円バッグの中身は、店舗販売分の4,000円に近い内容ですが、店舗販売に含まれるオリジナルトートバッグがつかない代わりに、ドリッパーやスプーンなどの雑貨が付属される形。(ミニテディベアはどちらにも含まれる)

…なので、トートバッグが欲しい!という人はオンライン予約ではなく店舗予約の方を。トートバッグにこだわりはないけど毎年のミニテディは欲しい!という人はオンライン予約を選ぶと良さそうです。

ただ、どちらも数量限定ではあるので、絶対にミニテディが欲しい人は先に予約がスタートする店舗予約版から始めておく方が良さそう。

スポンサーリンク

 

「タリーズ福袋」 過去の福袋を紹介!(参考用)

2022年に発売される予定の「タリーズ福袋」の中身比較用に、過去に発売されたタリーズ福袋の内容を紹介します↓

2021年 福袋の内容

2021年 タリーズ福袋の内容は?

事前予約(予約開始日/予約方法)・第一弾:2020年12月1日〜7日 で抽選販売。8日に当選決定で別途送料1,000円が必要だった。支払い期間は12月8日〜14日の間でクレジット支払いのみ。
・第二弾:2020年12月15日〜21日 で先着販売。別途送料1,000円が必要でクレジット支払いのみ。
店頭で直接購入・密を避けるため2020年12月25日に変更。受け取り日を指定する形だった。
福袋の内容3,500円バッグ:オリジナルトートバッグ(レッド/ブルー)/ブラジル ファゼンダバウ 180g/シングルサーブ オリジナルブレンド 1 箱(4P)/ロイヤルミルクティ キャンディ/干支ミニテディベア(うし年)/ドリンクチケット5 枚

6,000円バッグ:オリジナルトートバッグ(グレー)/ブラジル ファゼンダバウ 180g/ペルー チュルパンパ 180g/シングルサーブ オリジナルブレンド 1 箱(4P)/ステンレスコーヒータンブラー/ダブルフェイス ブランケット/ドリンクチケット8 枚/

10,000円バッグ:ブラジル ファゼンダバウ 180g/ペルー チュルパンパ 180g/エチオピアG1アナソラファーム 150g/グァテマラ ロスシミエントス農園 150g/タンザニア キリマンジャロ マトゥンダ 150g/トライタン オリジナルドリッパー/スマートコーヒーミル/ドリンクチケット20 枚

この年の1番の特徴は予約方法がこれまでと大きく異なっていた点。

例年12月上旬頃から店頭予約スタートというシンプルなものでしたが、この年はコロナの影響で第一弾と第二弾に分けてオンラインでの抽選販売&予約販売を行っていて、店頭販売時期も設定されていたものの「店頭販売はほぼなし」という状態で予約優先になっていました。

また、例年10,000円のバッグだけ なぜかオリジナルトートバッグがつかずに紙製のバッグになってしまっているのがタリーズ福袋の恒例。 なんとなくオリジナルバッグがついてない分損をしてるかのようにも感じてしまいますが…ここでドリンクチケットに注目してみるとそんな事はないのが理解できるはず。

そもそも、ドリンクチケットは1枚で500円前後のドリンクとも交換可能で、単純に「20枚入ってる」という事は、ドリンクチケットだけですでに10,000円のもとを取れてしまってる計算に。それに加え複数のコーヒー豆やコーヒーミル等の雑貨もついている事を考えると、実際にはかなりお得な福袋なのだという事が分かりますね。

福袋を買ってどうだった?(中身公開&ネタバレ口コミ)

スポンサーリンク

 

2020年 福袋の内容

2020年 タリーズ福袋の内容は?

事前予約(予約開始日/予約方法)・2019年12月2日〜 で予約受付け開始。数量限定でなくなり次第終了。
店頭で直接購入・2020年1月1日より各店舗で数量限定で店頭販売
福袋の内容3,500円バッグ:オリジナルトートバッグに特別な味わいのビーンズ、ラテアート缶に入ったキャンディ、干支ミニテディベア他、ドリンクチケット5枚など

5,000円バッグオリジナルトートバッグに限定ビーンズ2袋、シングルサーブ、マントを羽織ったトールサイズのベアフルマント、ドリンクチケット8枚など

10,000円バッグ:トートバッグではなくペーバーバッグ。限定ビーンズ5袋、ステンレスボトル他、ドリンクチケット20枚など

この年の福袋は昨年3,000円だった福袋が3,500円に値上がり。内容的には昨年とさほど変わってはないので、3,000円福袋を買っていたファンからするとちょっと残念な内容だったかもしれません。

また3,000円や5,000円の福袋にはテディベアのミニぬいぐるみがつくのが定番でしたが、この年は5,000円についてるテディはミニではなく、割と大きめサイズのテディベアになっていた事が大きな特徴。テディベアファンは5,000円福袋に集中してそうな年でした。

また10,000円の福袋には記載はされてませんが、「コーヒースクール体験チケット」もセットになっていたようで、タリーズで開催されているコーヒースクールの指定の講座に、2名で参加すると1名分が無料になるというチケットとなっていました。

福袋を買ってどうだった?(中身公開&ネタバレ口コミ)

スポンサーリンク

 

2019年 福袋の内容

2019年 タリーズ福袋の内容は?

事前予約(予約開始日/予約方法)・2018年12月3日〜 で予約受付け開始。数量限定でなくなり次第終了。
店頭で直接購入・2019年1月1日より各店舗で数量限定で店頭販売
福袋の内容3,000円バッグ:オリジナルトートバッグに限定ビーンズ、ラテアート缶に入ったキャンディ、干支ミニテディベア他、ドリンクチケット5枚など

5,000円バッグオリジナルトートバッグに限定ビーンズ2袋、シングルサーブ、チェック柄ブランケット、干支ミニテディベア他、ドリンクチケット8枚など

10,000円バッグ:トートバッグではなくペーバーバッグ。限定ビーンズ5袋、ステンレスボトル他、ドリンクチケット20枚など

この年は3,000円と5,000円という値段帯がここ3年で最も安かった年。10,000円バッグについては固定ですが、3,000円と5,000円に関しては毎年じわじわと500円づつ値上がりしてました。これ以上値上がりしてしまうと、松竹梅的な価格帯にはならないようにも思えるのですが…

福袋を買ってどうだった?(中身公開&ネタバレ口コミ)