【2022年 冬】マクドナルドの福袋 中身ネタバレ&内容紹介

2022年 マクドナルド福袋 中身ネタバレ人気の福袋

福袋でしか買えないオリジナルのグッズ、別の人気企業とコラボした商品も入っていたりする毎年超人気の福袋が「マクドナルドの福袋」です。

そんなマクドナルド福袋の2022年版の中身ネタバレと、予約方法や販売時期の情報を紹介。 また比較用として過去に販売されていたマクドナルド福袋を実際に買った人の声や感想、口コミ情報も合わせて紹介します。

 

スポンサーリンク

2022年 「マクドナルドの福袋」の内容は?

マクドナルの福袋は例年3,000円の1種類のみ。中身は約3,000円分程度の商品引換券に加えてその年限定のオリジナルグッズが4〜5点ほどがセットになっています。

ここ最近はどの福袋にも入っているわけでもない10分の1の確率で当たる「金のマックカード500円分」が定番で、いわゆる「当たりの福袋」に。

マクドナルドグッズの熱烈なファンがいる事と、そもそも販売数量が店舗によっては10個程度とかなり数が少ない事もあり、年によってはメルカリなどで転売されてしまう場合もあります。そもそも、本来は「予約不可」なはずなのに店舗によっては予約を行っている箇所もあったりいまいち統一されてなかった事も転売されてしまう一因だったかもしれません。

ただ、昨年に関してはコロナ下の影響もあり、キャンセル分の後日販売を除き、全てオンライン抽選販売に統一されていたので、例年ほどの「不満感」の声は少なかったようです。

コロナがきっかけではありますが、抽選販売にした事で買い占めや転売は起きにくく公平感も生まれていたので、今後もこの仕組が続けば良いのですが…

(正式に内容が発表され次第更新)

事前予約(予約開始日/予約方法)・発表され次第更新
・(参考)昨年は12月14日〜22日までのオンライン抽選予約のみだった。例年だと予約する年もあれば、店舗に任せる年もありバラバラ。
店頭で直接購入・発表され次第更新
・昨年はコロナの影響でオンライン抽選のみでキャンセル分のみ一部店舗で販売。1月1日初売りの年もあれば、12月中に発売される年もありこちらもバラバラ。
福袋の内容・発表され次第更新
・例年 約3,000円分相当の商品引換券に加えて、オリジナル雑貨4〜5点のセットで3,000円。
スポンサーリンク

 

「マクドナルドの福袋」 過去の福袋を紹介!(参考用)

2022年に発売される予定の「マクドナルドの福袋」比較&参考用に、過去に発売された福袋の中身も紹介します↓

2021年 福袋の内容

2021年 マクドナルド福袋の内容は?

事前予約(予約開始日/予約方法)・2020年12月14日15時〜12月22日 抽選予約を受付。当選は12月24日にメールにて連絡。当選した場合は1月1日から3日の間に店舗で受け取り
店頭で直接購入・基本的にはなしだが、商業施設内の一部店舗にて1月1日〜の当日販売もあった様子。
福袋の内容・トートバッグ/スクエアポーチ(3種類のうち1つ)/マグカップ(2種類のうち1つ)ポテトクロック/マクドナルド商品無料券(税込3,160円相当

・10分の1の確率で「金のマックカード500円分」が入る。

この年の福袋はアウトドアブランドのコールマンとコラボしていて、トートバッグ、スクエアポーチ、マグカップなどがコールマンのロゴ入りのオシャレなものに。ちなみに、コメダ珈琲店なんかもこの年はLOGOSとコラボしていて アウトドア系ブランドとコラボした福袋が人気でした。

▶関連:【2022年 冬】コメダ福袋の中身ネタバレ&内容紹介

またコロナの影響もあり、これまでなんとなく統一感のなかった予約方法が「オンライン抽選販売」と完全に統一。また、1月4日頃から店舗によっては受け取りにこなかったキャンセル分を店頭販売している場合もありました。

マクドナルド商品無料券は、ビッグマック 1枚、てりやきマックバーガー 2枚、フィレオフィッシュ 2枚、チキンフィレオ 1枚、マックフライポテトSサイズ 3枚、チキンマックナゲット5ピース 3枚という内容。昨年と比べるとバーガー系が1種類減り、代わりにナゲットとポテトが1つづつ増えたという形です。

福袋を買ってどうだった?(中身公開&ネタバレ口コミ)

スポンサーリンク

 

2020年 福袋の内容

2020年 マクドナルド福袋の内容は?

事前予約(予約開始日/予約方法)・基本的に予約はナシだが、なぜか一部店舗では12月下旬頃から予約受付を行っていた店舗も。
店頭で直接購入・2020年1月1日から中旬頃まで数量限定で販売。なくなり次第終了。
福袋の内容・2WAYトートバッグ/フェイスタオル(2種類のうち1つ)/デリカップ」(3種類のうち1つ/ポテトタイマー/マクドナルド商品無料券(税込3,270円相当)

・10分の1の確率で「金のマックカード500円分」が入る。

この年の福袋は「niko and …」とコラボしていて、トートバッグ、フェイスタオル、デリカップなどのアイテムがniko and …とのオリジナルデザインになっていました。

昨年のマクドナルド福袋がいまいちだった…という声もあるなか、この年はなかなかレアなコラボ福袋でその内容も良かったとあって、かなり早いうちに売り切れる店舗が続出。

人気の裏返しではありますが、残念なことに転売価格になった福袋が大量にメルカリなどで販売されていた年でもありました。

マクドナルド商品無料券は、昨年はポテトS11枚、シャカチキ3枚、マックチキンナゲット3枚と一切ハンバーガーとの交換がなく、やたらポテトを食べさせようとする内容でしたが…

この年はグランクラブハウス1枚、てりやきマックバーガー2枚、フィレオフィッシュ2枚、チキンフィレオ2枚、ベーコンレタスバーガー1枚、ポテトS2枚、マックチキンナゲット2枚と、ハンバーガー系商品7枚もの量に変更されかなり使い勝手の良い内容に変化。

福袋を買ってどうだった?(中身公開&ネタバレ口コミ)

スポンサーリンク

 

2019年 福袋の内容

2019年 マクドナルド福袋の内容は?

事前予約(予約開始日/予約方法)・2019年12月18日から予約販売開始
店頭で直接購入・2019年12月20日から数量限定で販売。なくなり次第終了。
福袋の内容・クラフト風クラッチバッグ2019卓上カレンダー/スタッキングマグ/オリジナルトランプ/ポテトマグネット/マクドナルド商品無料券(税込3,000円相当)

この年の福袋は特にコラボなどもなくシンプルな内容。ただ予約は12月18日から受付と統一されていて、販売も12月20日とかなり早めでした。(予約システムが年によってバラバラなのは大手なのになぜ?と思ってしまいますが)

内容自体はシンプルですが、実はこの年から大きく変わった点がマクドナルド商品無料券の内容。 これまでは、無料券を使うためには何らかの商品を購入する必要がありましたが、この年からは完全に引換券との交換のみでもOKに。

また1枚だけではなくて複数枚のまとめて交換もOKでようやく商品無料券として使い勝手の良い形に変化したという大きな変化があったというわけです。内容は2020年の項目でも紹介したとおり、ポテトSが11個分もあったり、サイドメニューだらけなものでしたが、別の商品を買う必要はないので「使い切りやすくなった!」と感じた人も多かったはずです。

福袋を買ってどうだった?(中身公開&ネタバレ口コミ)