「日清焼きそばUFO」は何の略?意外な意味と由来

未分類

日清焼きそばUFOは、実は未確認飛行物体を意味するUFOではなく、略語になっています。

 

日清焼きそばUFOの意味

今でこそ日清焼きそばのCMには、未確認飛行物体を連想させる「UFO」のようなシーンが登場しますが、実はもともとの日清焼きそばUFOの意味は、別の由来がありました。

  • U:うまい
  • F:太い
  • O:大きい

かなりシンプルで、日本語の「うまい、太い、大きい!」というそれぞれのローマ字表記のイニシャルをとって、UFOのと名付けられたのだそう。

 

オリジナルのUFOも作れる!?


http://www.yomiuriland.com/gj/food.html

よみうりランドにあるFOOD factoryでは、「日清焼そばUFO」をテーマにしたアトラクションエリアがあります。

自分が焼きそばUFOになったつもりになれる体験型ボートアトラクションの、スプラッシュUFO他、UFOをモチーフにしたライド10台でぶつかり合う「UFOバンプ!」等もあります。

そんあライド型アトラクション2つに、体験型アトラクションの「マイUFOファクトリー」では、ここでしか作れないオリジナルのUFOを作れるワークショップも。

パッケージに好きなデザインを描いたり、12種類もある具材から4つの具材を自由に選べたり、ここだけの限定である炭酸ガス入りの飴が入った「パチパチUFO」を含む小袋もチョイス可能。

その組み合わせは全部で5000通りもの種類があるのだとか。

完成品は、エアバッグに入れて可愛くパッケージされて持ち帰る事できるので、UFOフリークな人はぜひ体験しておきたいワークショップですね。

スポンサーリンク