体が鉄でできた唯一の生物の貝「スケーリーフット」とは?

未分類

地球上には様々な動物がいますが、その中でもスケーリーフットは、かなりユニークな特徴を持つ貝です。

 

鉄で出来てる!?スケーリーフット

2001年にインド洋で発見された「貝」は、俗にスケーリーフットと呼ばれているユニークな貝です。

スケーリーフットを日本語的に言うと、「鱗に覆われた足」という意味。その名前のとおり、貝の足の周りにはびっしりと鱗で覆われているように見えるのが特徴。

そして、なんと言っても特徴的なのが、名前になっている鱗の部分が「硫化鉄」でできていて、まるで鎧のような「鉄のうろこ」を持っているという事。

例えば、人間の体にも「鉄分」として含まれていますが、体の構造そのもが鉄でできている生物は、今のところ世界で唯一 「スケーリーフット」だけなのだそう。

鎧の他、貝殻部分も外装が硫化鉄でできていて、鉄で出来てるので生物でありながら磁石にくっついたり、深海から採取した後で飼育を続けているとサビが発生したりもします。

スポンサーリンク