プラトニックラブとは何?本当の意味と由来になったエピソード

未分類

「プラトニックラブ」の意味と、この言葉がうまれてエピソードについてまとめました。

 

プラトニックラブとは

一般的に言われる「プラトニックラブ」「プラトニックな関係」などは、「心と心だけの関係」「体の関わりナシの、精神的な恋愛」といった意味で使う事が多いはず。

例えば、今は結婚前に体の関係を持つ事は特に珍しい事ではありませんでしたが、大昔においては「結婚するまでは純血を守るべき」という思想が強い時代もありました。

そんな時代背景もある「プラトニック」ですが、実際の由来は、少し違ったエピソードがあるようです。

 

プラトニックラブのエピソード

プラトニックラブの由来となったのは、古代ギリシャの有名な哲学者「プラトン」であると言われています。

プラトンは同性愛について「恋愛は(同性愛は)肉欲ではなく精神的な結合を大切にすべきだ」という風に語っていたのですが、同性愛の部分が欠如して男女の恋愛感までの解釈に発展し、純愛をプラトニックラブと言われるようになったとの事。

プラトトンは男女間の恋愛については「プラトニックであるべき」とは言ってないものの、著書である「饗宴」の中では、同性愛については「両者の魂が何か(愛欲とは)別のものを求めてる事は明瞭である」と書いていて、同性愛に関してはプラトニックに通ずる表現を行っています。