世界一危険な生物はどれ?ランキング上位だけまとめた一覧表

未分類

万が一出会ってしまったら、すぐに逃げるべき危険な生物は何なのでしょうか?

「危険生物ランキング」等で紹介されている生物の中で、いつも上位にランクインしているものだけを一覧表でまとめました。

 

世界の危険な生物一覧表

  • 「意外に危険な生物」として、第1位になる事が多い。
  • 世界保健機構(WHO)等の統計情報を元にしたデータでは、1年間で最も人命を奪っている生物の1位が蚊で70万人以上にものぼる。
  • マラリア・デング熱・黄熱病・日本脳炎・ジカ熱などなど、様々な病気の媒介になっている事が理由。 
サメ
  •  特にオーストラリアで命を落としているケースが多い。
  • 1958年からの調査ではオーストラリアで70人程度の人命が奪われている。
 キロネックス
  •  クラゲの一種。
  • 成人60人の命を奪うと言われる強力な毒を持っていて、地球上で最も強い毒を持つとも言われている。
 カバ
  •  アフリカでは「危険な動物」として認識。
  • テリトリーにうっかり入ってしまった場合、容赦なく攻撃を仕掛けてくる。
  • 時速40km〜60kmものスピードで走れるので、逃げ切るのも難しい。
デスストーカー
  •  アフリカの砂漠地帯の生息する黄色の色をしたサソリ。
  • 毒性の強い毒を持っていて、成人の大人でも命を落とすほどの威力。
 ツェツェバエ
  •  アフリカに生息するハエで、蚊と同じように人の血を吸う。
  •  アフリカ睡眠病という感染症にかかるケースがあり、アフリカ全体での感染者数は5〜7万人にのぼると言われている。
ビッグ・フォー
  •  命を奪われている事故が多いインドの中で、特に危険性が高いとされる4種類の蛇。
  • ラッセルクサリヘビ・インドコブラ・アマガサヘビ・カーペットバイパーの4種類。
 ブラックマンバ
  • 毒蛇会の帝王とも言うべき存在。
  • 主にアフリカに生息している蛇で、体長は最大で4メートルを超える。
  • 噛まれた後で注入される毒の量がとにかく多く、噛まれてしまうと助からないケースが多い。
 アフリカナイズドミツバチ
  •  俗称 キラービーの名前で有名。
  • 「人間が品種改良して生まれた」という蜂で、誤って研究所から逃げ出してしまい繁殖してしまったというリアルバイオハザードな生物。
  •  怒らせてしまうと何百メートルもの距離を大群で追いかけられ攻撃される事になる。
スポンサーリンク