和牛と国産牛の「味の違い」「定義の違い」は何? 

未分類

和牛と国産牛のそれぞれの定義の違いと、見分け方についてまとめました。

 

和牛と呼ばれる種類は4種類だけ

和牛と国産牛には、実は明確な違いがあります。和牛とは、日本在来の牛をベースに、日本国外の牛とも後輩を繰り返してきた4品種の牛だけの事。

4品種の牛と、それぞれの代表的な産地や特徴は以下のとおりです↓

和牛名特徴
黒毛和種(くろげわしゅ)
  • 1944年に名称を設定。
  • 和牛の90%はこれで、ブランド牛の代名詞。
  • 「神戸牛」「松阪牛」「近江牛」「但馬牛」など。
褐毛和種(あかげわしゅ)
  • 1944年に名称を設定。
  • 「熊本あか牛あか毛和牛」「土佐和牛」など。
日本短角種(にほんたんかくしゅ)
  • 1957年に名称を設定。
  • 東北地方原産。
  • 「いわて短角和牛」「いわいずみ短角牛」や、青森、秋田等でも。
無角和種(むかくわしゅ)
  • 1944年に名称を設定。
  • 山口県の阿武郡で主に生育で飼育数も僅か。

表を見ても分かるとおり、いわゆる普通にイメージする和牛は、ほとんどが「黒毛和牛」の事で、高級鉄板焼きやステーキ店で提供されているのもこのタイプです。

スポンサーリンク

 

国産牛の定義とは?

国産牛の定義はいたってシンプル。「和牛4品種」以外で、日本国内で飼育された牛を国産牛と言います。

厳密に言うと、牛が生まれてから食肉用として加工されるまでの期間の中で、最も飼育期間が長い場所を原産地として表示されるとの事。(JAS法で規定)

 

どうやって和牛と国産牛を見分ける?

基本的にスーパーで売っている牛肉のパッケージには「◯◯牛」のようなブランド名が書いてある場合が多く、特に和牛の場合は「和牛である事」がウリなので、その記載がされています。

簡単に見分けるなら、和牛名がある時には和牛と判定。和牛名が書かれてなくて、日本の産地名が書かれている時には国産牛と判断できます。

「パッケージに書かれてる情報は本当なの?」と疑り深い人は、パッケージに書かれてる「個体識別番号」をチェック。

平成16年に制定された「牛肉トレーサビリティ法」によって、牛の生育情報を個体識別番号として登録し、パッケージに表示する義務があります。

独立行政法人 家畜改良センターが提供している「牛の個体識別情報検索サービス」を利用すると、パッケージのラベルに表示された個体識別番号を入力する事で、その食肉の詳しい情報を閲覧可能。

種別(品種)の項目内で「黒毛和種」など「◯◯和種」という表記があるものが和牛です。