OK google!の「OK」とはそもそも何の略語?

未分類

OKgoogleでおなじみのOKとは、いったい何の略語なのでしょうか?

 

実は色々な説がある

「いいですよ!」という意味でもあるOKは、略語の意味として色々な説がある言葉でもあります。

世界的にも使われている「OK」の意味にはこんなものがあるようです↓

「ボストン新聞」説

1893年のボストン新聞にかかれていた「oll korrect」という言葉は、「all correct」の表記ゆれとされています。

歴史上で、OKの言葉が実際に見つかっているのは、このボストン新聞にかかれていたものが最初との事。

「大統領」説

第7代のアメリカ大統領「アンドリュー ジャクソン」は、「all correct」のつづりを「oll korrect」と勘違いしていたようで、承認という意味で書籍にOKと書いていた。

「大統領はいつもOKって言ってるけど、あれは何なの?」が広まって、OKが認知されていったという説です。

(但し、実際に大統領がサインした公文書には1枚もOKの文字はなく、噂なのでは?という声も)

「チョクトー族の言葉」説

インディアンのチョクトー族という民族は「それで良し!」という意味をで「okeh 」とい言葉を使っていたとの事。

この言葉が一般的になってOKという言葉になったというものです。言語学者も、この説を支持しているとのこと。