「アメダス」の名前の由来は「雨」の意味ではない!?

天気予報で使われる「アメダス」の名前の由来は何なのでしょうか?

 

アメダスは雨ではない

アメダスと聞くと、なんとなく「雨の予報をするもの」というイメージがあり、雨だからアメダスと思ってしまいがちです。

アメダスはいわゆる略語で、フルネームはこんな感じになっています↓

  • Automated Meteorological Data Acquisition System

日本語では、地域気象観測システムという意味で、これを英語にした頭文字をとったものがアメダスという事。

実際に英語のイニシャルを見てみてもわかるとおり、雨を意味する「rain」のような英語は一切入っていません。

つまり、アメダスは雨の略語ではなく、残念ながら雨にちなんだネーミングではありませんでした。

 

アメダスって何?

なんとなくモヤモヤとして「アメダス」。

詳細は、全国に網の目のように存在している観測システムの事で、気象台や観測所だけでは分からない詳細なデータを観測できるのが特徴。

例えばこんな感じに存在しています↓

「気象マニア」な人には、全国各地のアメダスを探し出して訪問しに行く人も多いようです。

スポンサードサーチ

アメダスを見つけた!