「ドラえもん」の面白い雑学まとめ 「129.3」に込められた意味

未分類

ドラえもんに関わる色々な雑学をまとめました。

 

ドラえもん雑学のまとめ

ドラえもんの雑学で有名なものは次のようなものがあります↓

  • 全部129.3になっている:身長から体重やウエストまですべてが「129.3」になっている。ジャンプ力、パワー、馬力、ネズミから逃げる時の速度等もすべて129.3。これは連載当時の小学4年生の平均身長が129.3だった事に由来している。
  • タケコプターの最初の名前:タケコプターではなくて、ヘリトンボだった。
  • 足の裏の秘密:ドラえもんはちょっとだけ浮いている。いつも浮いてるから汚れない。
  • 手の秘密:ペタリハンドというネーミングの機能があるので、あの丸い形の手でもモノをつかめる。そして、じゃんけんでパーを出した事もある。
  • 実は恐怖の大王?:ネズミが怖すぎて、地球を破壊しようとした事があった。
  • 「ドラえもん」の「えもん」だけひらがなの理由:ドラえもんが自分で名前を書こうとして、ドラまではカタカナで書けたけど、「えもん」が平仮名でしか書けなかったから。
  • ドラえもんの職業:特定意志薄弱児童監視指導員
  • しっぽの秘密:しっぽを握られると、ほとんどの機能が停止してしまう。当初は しっぽを握られると透明になれるという機能だった。
  • ドラえもんの値段:20万円。タケコプターの15万円と5万円しか変わらない。
  • 鈴の秘密:首についている鈴は「にゃーん」と鳴り、鈴らしからぬ音が鳴る。ちなみに猫がよってくる「ネコあつめすず」という道具。
  • ドラえもんが青いのは振動によるもの:ドラえもんがねずみに耳をかじられたショックで3日間泣き続け、その時の振動で表面のメッキがはがれて青色に。
スポンサーリンク