ずっと続いている「閉店セール」は本当は違法になる?

未分類

昭和な佇まいのお店の中には、いつまでたっても「閉店セール開催中!」のような垂れ幕が掲げられてる所も多く存在しています。実際、こんなセールス方法は違法にはならないのでしょうか?

 

永遠に続くかのような閉店セールは違法?

「閉店セール」を行うと、何もセールを行っていない時に比べて商品が売れる確率が上がります。

これは社会心理学では「希少性の原理」と呼ばれる方法を利用したセールスで、「今、買わなければ二度と手に入らない!」「数も少ないはずだから、急がなくては!」のような気持ちが働いている状態。

まず、ベースとして閉店しないのに「閉店セール」と銘打って、ずっと営業してる事自体には そこまで大きく問題とはならいないようです。

ただ、閉店セールとしてるのに、普段の値段と変わらない値段で商品が売られていると景品表示法の違反になり、「二重価格表示」となる恐れがあります。

二重価格表示とは、「商品やサービスの価格や取引条件について、実際のものよりも著しく有利であると誤認される表示」とされているもの。

ちょっと分かりにくいので、例をあげると「通常価格5,000円で半額の2,500円!」としているなら、ちゃんと以前に5,000円で売っていた実績がないとダメという事です。

もとから2,500円なのに、「半額で2,500円」にしてしまう事は、購入する人に勘違いを起こさせる原因となるので禁止というわけ。

なので、閉店セールをしている時に…

  • ちゃんと店内の商品を以前より値引きしてる⇒ 特に問題ナシ
  • 通常価格のままで、客引き行為のためだけに「閉店セール」と言ってる⇒ NG

という風に、違法か違法ではないか?は実際に売られている商品の価格がベースであって、「いつまでも閉店セール」な状態は、さほど問題とはなりません。

スポンサーリンク