実は1年中発生している?台風が夏秋に集中する理由&雑学まとめ

日本の台風は夏や秋のはじめごろまでに集中して訪れます。なぜなのでしょうか?

 

台風はなぜ夏秋に集中する?

日本に住んでいると、台風はまるで夏と秋あたりにしか発生していないような感覚になります。ですが、実は台風は夏や秋だけではなくて、1年中発生しているものです。

では、なぜ日本には夏と秋にしか台風がこないのか? 理由は2つあります。

  • 7〜10月は台風の発生数が1年の中でも多い。
  • 発生した台風は、夏に強まる太平洋高気圧の北側に沿う時に日本を通るルートになっているから。

春や冬の台風は赤道に近いもっと南側で発生する事が多く、フィリピンの方向へ進むため日本にはやってこない事が多いとうわけです。

 

台風・ハリケーン・サイクロンの違い

台風・ハリケーン・サイクロンは、基本的には同じ種類のもので、呼び方や風速によって分類分けされている形です。

  • 台風:東経100度~180度の北太平洋で発生したもの。
  • ハリケーン:180度~西経140度の北太平洋、西経140度より東の北太平洋、カリブ海・メキシコ湾を含む北太平洋で発生したもの。
  • サイクロン:東経100度より西の北インド洋、アフリカ東岸~オーストラリア近海までの南インド洋、オーストラリア近海~西経120度付近までの南太平洋で発生したもの。

日本では台風の勢力を風速33m/s〜で「強い」。44m/s〜で「非常に強い」等と表現していますが、ハリケーンの場合は、33m/s〜で「カテゴリー1」。42m/s〜で「カテゴリー2」等と表現していて、勢力を分けている風速も違います。

日本の台風では、宮古島で最大瞬間風速85.3m/s等の強い風が記録されていますが、台風の風の強さは、時に家屋を吹き飛ばしてしまうほどの強烈なものです↓

 

台風の名前の由来とは?

台風の名前の由来となっているものには、諸説あります↓

  • ギリシャ神話に登場するテュポン「 Typhon」の読みが台風に変化。
  • ペルシア語の嵐の意味がある「tufan」が変化。
  • 中国広東省で激しい風の事を「台风」と言っていた事から。

 

ちなみに風速何メートルあれば、空を飛べる?

ドラえもんで同じみのタケコプターを実際に物理エンジンで計算した動画があります。「風速何メートルあればタケコプターで飛ぶ事ができるの?」という疑問に答えてくれます↓

ちなみに、タケコプターを下においてその上に乗っても飛ぶ事ができるぐらい強い風速になっているようですね。