アパートとマンションの違いはエレベーターだけ?正確な定義は何?

何となく、アパートは小さめで、アパートよりも大きい所がマンションというイメージがありますが、実際の所の2つの違いはどこなのでしょうか?

 

アパートとマンションの違い

まず、結論から言ってしまうと建築基準法においても、宅地建物取引業法においても 意外な事に「アパートとマンション」の区別はなく、定義もありません

マンションやアパートのどちらにする?というのは、貸主や不動産会社が独自に(自分達で勝手に)判断して、決めているのだそう。

なので、例え小さくでも「これはマンションだ!」と家主が言い切れば、アパートみたいな外見だろうがマンションになるというわけです。

ただ、どちらでも勝手に決めていい!がまかり通ると、実際に検討するユーザー目線でも分かりにくい状態になってしまうので、不動産業界的に「なんとなく、こうしておこう!」という大まかな区分は存在しています↓

マンション
  • 鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造の構造の建物
  • 2〜3階以上の高さがある。
  • 防音性がある。もしくは高いものが多い。
  • エレベーターはついている場合が多い。
  • アパートより家賃が高め。
アパート
  • 木造・軽量鉄骨造・プレハブ造の構造の建物
  • 1〜2階までの高さがある。
  • 防音性は低い場合が多い。
  • エレベーターはない場合が多い。
  • マンションより家賃が安め。

スポンサードサーチ

 

その他の建物の呼び方の定義は?

そのほかの呼び方としては「○○コーポ」「○○ハイツ」と言った呼び方もありますが、これらもマンションやアパート等と同じく、決められた定義があるわけではありません。

しっかりとした定義はないものの、「何となく、こんな感じの建物のこと」という意味で業界的に言われているのはこんな感じ↓

  • コーポ:cooperative houseで共同住宅の意味。アパートと同じく、木造や軽量鉄骨造で2階建ての共同住宅の事を指す場合が多い。
  • ハイツ:英語の意味。プレハブ軽量鉄骨造の2階建て共同住宅を指す場合が多い。
  • メゾン:フランス語で家の意味。スペイン語では「カーサ」になる。
  • ヴィラ:フランス語で別荘の意味。リゾートライクな賃貸に使わえるケースが多い。
  • レジデンス:英語で大邸宅の意味。大規模なマンションや団地等で使われるケースが多い。

何となくの意味はあるものの、基本的には建物の雰囲気と「語感」をベースに どの名称を使う?を決める事が多いとの事。